このエントリーをはてなブックマークに追加 

わきげの脱毛や除毛の正しいやり方

わきげの脱毛や除毛の正しいやり方

 

わきげ除毛

安くて簡単にわきげを処理する方法の1つにカミソリによる除毛があります。しかし、このカミソリによる除毛は間違ったやり方でやってしまうとカミソリ負けを起したり埋没毛や色素沈着といったお肌のトラブルになってしまう可能性があるんです。ですから、お肌のトラブルにならないように、わきげの処理をする際は正しいやり方でやってください。わきげを処理する場所でお風呂を選ぶ人もいるようですが、入浴している最中は角質層がとてもやわらかい状態になるので、カミソリで剃る際に角質までも削る可能性があるためやめたほうが無難です。入浴中じゃないのであればお風呂を除毛場所にしても問題ないから、わきげの皮膚を乾いたままで処理しましょう。

 

しかし、乾いたワキに何も付けずにカミソリを使うのは無茶なので、クリームなどを塗ってすべりやすくしてから、カミソリで剃っていきましょう。できればカミソリを使うよりも電気シェーバーを使うことができるなら、そちらを選択したほうがお肌にもやさしく安全です。電気シェーバーならば直接ワキに刃を当てないで済むので、お肌の負担も軽く済みます。全身に使用することができる電気シェーバーも販売されているので、そちらを購入すると何かと役に立つでしょう。防滴仕様になっているシェーバーなどもあるため、お風呂で使うことができるものもあります。

 

また、カミソリを使用する際に、同じ場所を何度も繰り返し剃りすぎないようにしてください。カミソリで繰り返し剃ることで皮膚を傷つけることになってしまいます。わきげの生えている向きに合わせて、1度で剃れるようにしましょう。そして、わきげを剃った後には保湿をしてお肌をケアしておいてください。また、アイスノンなどで冷却することで毛穴を引き締めることができて、お肌のケアにいいですよ。わきげを剃った後はしばらく石鹸を使用することも避けたほうがいいですね。さらに体調面で注意しておきたいことは風邪を引いているときや生理のときは、細菌などに対する抵抗力も落ちてたりするのでわきげの除毛はやめておきましょう。体調が悪いときにわきげ除毛をすることは、何かと問題が起きる元です。何事もベストな状態でやるべきでしょう。

 

わきげ脱毛

わきげの脱毛方法の中には、ワックスを使って脱毛する方法もあるんです。わきげの場合は毛の流れが一定ではなく複雑になっており、ワックス脱毛をするときは毛の流れを確認しながら剥がしていきましょう。毛の流れと違った方向へ剥がしてしまうと、皮膚にダメージを与えてしまいます。また、他の脱毛方法としてフラッシュ脱毛やレーザーなどもあり、これらの家庭用脱毛器は価格も安く他の脱毛もりも効果もあるため、もっとも良いわきげの処理法でしょう。これらの脱毛方法ならば、わきげが生えてこなくなるのでツルツルのワキをずっと維持できます。

 

家庭用脱毛器の中でも特におすすめなのがケノンです。脱毛器業界ナンバー1のシェアを誇っています。お手ごろな価格でありながら性能もとても高く、その照射出力はエステサロン並みの威力を発揮します。医療クリニックやエステサロンでも、脱毛はできるのですが価格がとてつもない金額になってしまうので、庶民にはとても手が出ない代物です。ケノンを使用する際は、施術の前後には日焼けしないようにしましょう。ケノンは黒い肌に反応してしまいますし施術後の紫外線によるダメージも心配です。取扱説明書があるのでしっかりと熟読してケノンの使い方をマスターしましょう。

 

わきげ脱毛に適したケノンを気に入った方は公式サイトから注文しましょう。



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


わきげの脱毛や除毛の正しいやり方
わきげの脱毛や除毛の正しいやり方




 このエントリーをはてなブックマークに追加