このエントリーをはてなブックマークに追加 

vio脱毛は粘膜ギリギリまで可能か?

vio脱毛は粘膜ギリギリまで可能か?

 

vio脱毛の普及は日本においても、目覚しい勢いですね。特に女性の間で普及していますね。美を追求する女性にとって、vio脱毛はもう当たり前のものです。Iラインが毛むくじゃらだったり肛門にびっしりケツ毛があったら、どう見ても美しいとは言えませんよね。日本においてのvio脱毛は基本的に、いらない部分を脱毛しておしゃれな毛量にするのが、多数派のようです。

 

海外では完全なパイパンであるハイジニーナが多数派ですが、日本ではVラインに少し残すのがトレンディーなようですね。明らかに脱毛しましたっていうハイジニーナよりも、ナチュラルな薄毛であるVラインにちょろっとが好まれるようです。どちらにせよ剛毛なvioラインを好む人は、ほとんどいないのは間違いないですね。vio脱毛で心配になるのは、粘膜ですよね。女性には女性器があり、粘膜になっています。

 

この粘膜ギリギリのラインまで脱毛していいか、心配になった方もいるのではないですか?基本として粘膜は脱毛不可ですが、粘膜ギリギリでも皮膚ならば脱毛可能です。ただし、粘膜と皮膚の境目ギリギリなので、間違って粘膜を脱毛しないよう十分配慮しましょう。また、vio脱毛に使う脱毛器としては、ケノンというフラッシュタイプ脱毛器を使いましょう。費用や手軽さで考えたらケノンは、庶民のお財布に優しいのでもっとも好ましい選択でしょう。

 

もしも、セレブならば美容外科の電気針脱毛も陰毛再生率の低さから、選択肢の1つに入れてもいいかもしれませんね。ただし、かなりお高いのでたいていの一般人では、手が届かない脱毛法です。ここでは一般人向けのケノンをおすすめします。光を当てるだけという簡単仕様で、しかも何回も当てることで効果が出るというマイルドな仕様です。電気針のような1回で脱毛できてしまうものは、極端すぎて肌荒れのリスクは高いです。

 

マイルド仕様のケノンならば、自然と毛が減っていく感覚になります。そのためパイパンになる前に、施術を止めて薄毛状態にすることもできます。時間をかけて行うケノンだから、できる芸当ですね。

 

粘膜を避けてvio脱毛する人はこちら↓



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


vio脱毛は粘膜ギリギリまで可能か?
vio脱毛は粘膜ギリギリまで可能か?




 このエントリーをはてなブックマークに追加