このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケノンの光を唇に当てないようにしましょう

ケノンの光を唇に当てないようにしましょう

 

ケノンで唇の周りに生えているムダ毛を脱毛しようとするのであれば、ケノンのフラッシュが唇に当たらないように注意しなければいけません。唇には濃い色があるので、もちろんケノンのフラッシュが反応してしまい火傷になることもあるでしょう。ですから、唇にはフラッシュ照射しないようにしっかりと注意しましょう。唇の真上にフラッシュ照射するような血迷った人はいないと思いますが、肌と唇のギリギリの境目に生えているムダ毛を狙って、少し唇にまで照射してしまう人もいるのではないかと思います。

 

確かに鏡で確認しながらでは、外してしまうことも起こってくるでしょう。ギリギリを狙うというのは、けっこう難しいものです。そこで唇のギリギリのラインを狙う方法を紹介したいと思います。その方法は遮光シールで唇を覆うことです。遮光シールを貼れば唇を隠せますし、安心してフラッシュを照射できますね。遮光シールをすぐに買って来れないようならば、バンドエードで代用することもできるでしょう。バンドエードには小さい穴が開いているものがほとんどだと思うので完璧ではありませんが、フラッシュの大部分を十分遮ってくれるでしょう。

 

この他にも美白パウダーを厚く塗るなど、いろいろな方法があるでしょう。要するに唇を隠せるものであれば、どんなものを使っても良いのです。自分なりにやりやすい方法を考えて、脱毛していきましょう。唇の周りはヒゲが生える部分なので、男性ならば唇との境目にフラッシュを照射することも、たくさんあるのではないかと思います。

 

ですから、ここで紹介した方法を試してみると良いですよ。ギリギリのラインはほんと脱毛しにくいです。それが少しの工夫でとてもやりやすくなるのですから、ぜひ役立ててください。特にヒゲは手強いので、照射レベル10を使いたい相手です。それを唇を気にして低い照射レベルにしていては、なかなか攻略することはできないでしょう。最高出力で挑むためにも、遮光シールは重要なアイテムになってきますね。

 

唇を避けながらケノンで脱毛したい人はこちら↓



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ケノンの光を唇に当てないようにしましょう
ケノンの光を唇に当てないようにしましょう




 このエントリーをはてなブックマークに追加