このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケノンと除毛クリームの違い

ケノンと除毛クリームの違い

 

フラッシュ脱毛器であるケノンと除毛クリームでは、その効果は全然違います。無駄毛処理に使うという点は一緒なんですが、処理作用の違いをしっかり理解しておくと良いでしょう。フラッシュ脱毛も除毛クリームもどちらもかなり有名なので、名前を聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、どんな仕組みで無駄毛処理をしているかまでは、把握していない人もいるはずです。だから、ここでは違いを説明するので今後の無駄毛処理に役立ててください。

 

まずフラッシュ脱毛器なんですが、これは光(インテンスパルスライト)の効果による脱毛法です。この特殊な光を毛根が浴びるとダメージとなり、毛が再生しなくなるというものです。1回では大した威力ではありませんが、複数回打つとダメージが積み重なり永久脱毛と同じ効果になります。それに対して、除毛クリームは無駄毛を溶かすものになります。これは溶かしているだけなので、永久脱毛効果はありません。タンパク質に反応する薬剤を使って溶かす仕組みです。

 

毛根まで溶かすので、見た目はとても綺麗な仕上がりにできます。数百円程度の価格の安さ、そして塗るだけというお手軽さが特徴です。一見、良さそうに思いますが、大きな落とし穴があります。それは、アレルギー反応などの肌荒れですね。除毛クリームではたいてい肌荒れを起します。これは除毛クリームが、肌まで溶かすために起きてきます。除毛クリームは毛のタンパク質を溶かす商品ですが、肌もタンパク質なので一緒に溶けます。

 

無駄毛だけにピンポイントで塗れればいいのですが、そんなことは不可能です。ですから、除毛クリームはどうしても肌荒れとは切っても切れない関係なんです。肌荒れをすると辛いので、無駄毛処理もお休みせざるを得ないですよね。そうなると毛は伸びてきてしまいます。つまり、無駄毛処理をしていないお肌で生活することになります。これでは無駄毛処理という目的を満たせていないことになりますね。

 

一時的な処理を目的とした除毛クリームなのに、それができないのでは意味がありませんね。それに対してケノンはフラッシュ脱毛後に伸びる毛は、電動シェーバーで剃るので常にツルツルです。ケノンの目的は毛根破壊なので、一時的な無駄毛処理とは違います。完全な破壊が完了すれば、電動シェーバーを使わなくなるという段取りです。両者にはこのような違いがあります。理解できましたか?ここで得た知識を使い、自分の目的に合った処理を考えてみましょう。

 

ケノンが良いならこちら↓



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ケノンと除毛クリームの違い
ケノンと除毛クリームの違い




 このエントリーをはてなブックマークに追加