このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケノンとSSC方式光脱毛の違い

ケノンとSSC方式光脱毛の違い

 

光脱毛と言ったら、みなさん一種類だけだと思っている人がほとんどですよね。実は2種類あるんですよ。それはIPL方式とSSC方式になります。これはインテンス・パルス・ライトの略とスムース・スキン・コントロールの略になります。どちらも光脱毛なんですが、ほとんどの人が違いを知らないはずです。ちなみの家庭用脱毛器トップのケノンはIPL方式になります。それではSSC方式がいったいどんな仕組みなのかを説明していきます。

 

SSC方式では施術する前に、必ず冷たいジェルを塗ることになります。このジェルに光脱毛の光が反応することで、ジェル中の抑毛成分が毛根内部へと浸透していき、ムダ毛の成長を阻害する仕組みになります。肌にも優しい脱毛になりますが、うぶ毛などの細いムダ毛には効果が出にくい特徴があります。

 

それに対してケノンのようなIPL脱毛では、毛根組織を直接光が攻撃してムダ毛の再生を抑えます。この光は黒色を焼き尽くす仕組みになっています。そのため、毛だけを狙って攻撃できるのです。もちろん、施術のときにジェルなんて必要ありません。SSC方式とは違いジェルの成分を必要としないのです。ジェルを塗っていては作業も増えてめんどくさいでしょう。やはり、ケノンのようなIPL方式のほうがメリットがありますね。

 

そして、SSC方式ですと何よりジェルの維持費がお財布を直撃することになります。これが痛いと思う人が大半でしょう。脱毛をすればするほどジェルが必要になってきます。もう天井知らずで、費用が増大していくことになってしまいます。この弱点だけでSSC方式がIPL方式より選ばれることはないでしょう。これはそれほど大きな欠点なのです。

 

脱毛にはどうしても大きなお金が必要になってきます。そんな大金を湯水のごとく使える人は、一部の人だけでしょう。大半は安さを気にすることになります。そのため、維持費が高いSSC方式を、好む人が少なくなるのは必然です。ですから、手軽さと費用の両方で勝るケノンが、人気になるのは当然ですね。

 

SSC方式より優れたケノンはこちら↓



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ケノンとSSC方式光脱毛の違い
ケノンとSSC方式光脱毛の違い




 このエントリーをはてなブックマークに追加