このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケノンでかゆみがでることもあります

ケノンでかゆみがでることもあります

 

ケノンで脱毛をした後にかゆみがでることもありますが、この原因は照射レベルを高くしすぎて自分のお肌の許容範囲を越えたことによるものです。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛のような脱毛方式では、照射レベル次第でよくこのようなことは起きます。私も自分で照射レベルを調整できないエステサロンで脱毛を体験したときは、毎回かゆみがでていました。お肌が弱い人ですとすぐに赤く腫れてかゆくなってしまいます。

 

こうなってしまったら、もう掻いたりしないでそっとしておくしかありません。日にちが経過すれば自然と治ってきます。このようなかゆみにならないようにするためには、事前に適切は脱毛のやり方を身に付けておかなければなりません。かゆみが起きた1番の原因は照射レベルなんですから、自分のお肌がどの照射レベルまでが耐えられるのかをしっかりと把握しておきましょう。低い照射レベルでかゆみがでる人はほとんどいないと思うので、無理をしないことが大切です。

 

次にかゆみ対策として欠かせないのは保湿ですね。施術をした後にはきちんと保湿をしましょう。また、日頃からお肌を保湿しておき、ベストコンディションにしておきましょう。乾燥は肌荒れの元です。乾燥肌での施術は肌トラブルを起す可能性を高めるので十分に注意しましょう。そして、他の対策で施術の前後の冷却も絶対に忘れずに行ってください。冷却には痛みを軽減させる効果もありますが、かゆみになるのも抑えてくれます。

 

ケノンみたいなフラッシュ脱毛では光の熱エネルギーで毛根を黒こげにします。ですから、かなり軽度の火傷みたいな状態になると思っておいてください。熱によってダメージを受けた毛穴をしっかり冷やすことはかゆみ対策に必要なことです。これらのように適切なやり方ができていれば、かゆみを防ぐことは可能です。お肌が強くて無茶なフラッシュ照射をやっているお客様もいますが、お肌が弱い人は絶対に真似しないでください。自分に合った脱毛を心がけてください。

 

適切な使用をすればかゆみも防げるケノンの公式サイトはこちらになります。



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ケノンでかゆみがでることもあります
ケノンでかゆみがでることもあります




 このエントリーをはてなブックマークに追加