このエントリーをはてなブックマークに追加 

針脱毛での肌トラブル

針脱毛での肌トラブル

 

今までの針脱毛においては痛みが大きな問題になっていました。

 

針脱毛の施術をする場合には、まずは毛穴に針を刺すことになるのですが

 

その刺した瞬間ではなくて、刺した後に針の先から電流を流すことになり

 

その瞬間に強い痛みを感じることになります。

 

その痛みは、電流を流す長さと強さに対して比例して大きな痛みになってきます。

 

そして、電流を流すことで皮膚表面にヤケドをしてしまったり色素沈着などの

 

黒ずみができてしまったりなどのお肌のトラブルも起こってきていました。

 

現在においては技術も進歩しており針の先端部分だけに電流が流れるような
絶縁針が発明されました。

 

この発明によって皮膚表面をヤケドすることなどは大幅に減らすことができるようになりました。

 

また、赤みができたり腫れてしまうようなことが起こる場合もあるのですが、施術する

 

部位をアイスパックで冷やしておいたり、麻酔を使うことで最初からまったく痛みを感じない

 

ようにする麻酔脱毛法などといった施術方法が行われるようになっています。

 

ケノンなら痛くないので公式サイトをご覧ください。



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


針脱毛での肌トラブル
針脱毛での肌トラブル




 このエントリーをはてなブックマークに追加