このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケノンはニキビへの照射は基本禁止

ケノンはニキビへの照射は基本禁止

 

ケノンではニキビができている部分へフラッシュを照射することを禁止にしています。ケノンに付いている美顔器のほうを使うのであればニキビがあってもいいのですが、脱毛のほうの光をニキビに使うのはやめましょう。ニキビが治ったあとにできているニキビ痕だったら脱毛の光を当ててもいいのですが、まだニキビが赤くなって炎症しているような状態だったり、触って痛みを感じる状態のときはケノンの使用は完全に禁止です。

 

これはエステサロンで脱毛している人も同じです。フラッシュ脱毛の光をニキビに照射することは、どこでもやりません。電動シェーバーで剃ったり毛抜きで抜く行為も、やめておきましょう。もしもニキビに対して何らかの脱毛を行ってしまうとお肌にかなりのダメージを与えることになります。また、ニキビを悪化させてひどい状態になる可能性もあります。このようなときには、まずニキビの治療に専念しましょう。ニキビができるようなときは、お肌のバリアも低下しています。

 

ですから、洗浄をして清潔な状態にしておき、保湿もしてお肌の状態を良好にする必要があります。食事についても脂質、刺激物、糖質の摂取は控えて、運動も適度に行いましょう。どうしても、ニキビがあっても脱毛したいという人は、軽度のニキビに限ってそのニキビを避けて脱毛していきましょう。ですが、お肌の状態が敏感になっていたりするのであれば、無理をしないで脱毛はやめておくべきです。

 

また、ニキビが重症の場合では、脱毛は厳禁でニキビ治療が最優先になります。ニキビの赤みも治まってきて炎症もなくなったら、ケノンのスキンケアカートリッジでお肌を綺麗にしましょう。ニキビ痕が残っていたり、色素沈着もしているでしょうから、それらに効果的な美顔機能でケアしてあげましょう。ケノンのスキンケアカートリッジなら、エステサロンのようなお手入れも可能です。フォトフェイシャルができるので、ニキビケアにはもってこいです。ケノンの脱毛と美顔の機能を最大限に生かして、ニキビ対策をしていきましょう。

 

ニキビケアにぴったりのケノン公式サイトをチェックしましょう。



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ケノンはニキビへの照射は基本禁止
ケノンはニキビへの照射は基本禁止




 このエントリーをはてなブックマークに追加