このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケノンの使用は肝斑がある人では注意が必要

ケノンの使用は肝斑がある人では注意が必要

 

ケノン購入を検討している人の中には、肝斑があっても使えるのか疑問を持っている人もいますよね。また、肝斑(かんぱん)自体がいったい何なのかわからない人も多いのではないかと思います。まずは、肝斑とは何のことかを紹介していきます。肝斑はシミの一種なんですが原因は不明となっています。肝斑は専門家でも見極めることは難しく、他のシミと区別をつけにくいシミです。

 

肝斑の特徴を簡単に説明しますと、30〜40代になってから、突然できる左右対称のシミです。特にできやすい場所は頬骨や額になっています。しかし、目の周りにはできません。シミの境界線はぼやけており、はっきりとしていない特徴があります。そのシミは点で現れるのではなく、面で広がっているシミです。季節や日によってシミの濃さが変化します。ピルなどの経口避妊薬を飲み始めたり妊娠しているときに現れることがあるようです。寝不足気味のときにも現れます。これらが主な特徴になっています。

 

もしもこれらによく当てはまっているようなら、肝斑の可能性があるので注意しましょう。そして、ケノンでは肝斑への脱毛はできません。脱毛用の光の波長は黒いものを壊すのが特徴です。そのため、肝斑のように色が付いていては脱毛はやめておきましょう。肝斑を悪化させる恐れもあります。肝斑に使うとしたら美顔用の光の波長でフォトフェイシャルをやることになりますが、なんせ原因不明のシミであり注意が必要です。

 

ケノンのフォトフェイシャルは通常のシミを薄くしてくれますが、あくまでも通常のシミなので肝斑専用のものではないことを理解しておきましょう。肝斑の治療法には飲み薬や塗り薬、レーザー治療などがあるようです。エステサロンではフォトフェイシャルで肝斑を治療しているところもあるようですが、あまりおすすめの方法ではないと思います。

 

肝斑の治療の基本はレーザー治療と思っておいたほうがいいでしょう。他の方法は気休め程度に考えておきましょう。原因が不明である以上、下手な治療をすれば悪化することにもなります。ですから、美容外科などの医療施設が1番安心できるでしょう。これらのことからケノンでの脱毛は肝斑の部分は避けて脱毛をしてください。

 

そして、ケノンの美顔器を肝斑に使うとしても、注意深く様子を見ながら使ってください。もしも肝斑に少しでも悪い影響が出たら、すぐに使用をやめてください。お肌を綺麗にするためのケノンなんですから、肝斑が悪化してしまっては台無しですからね。

 

肝斑を避けてケノンを使いたい人は公式サイトをご覧ください。



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ケノンの使用は肝斑がある人では注意が必要
ケノンの使用は肝斑がある人では注意が必要




 このエントリーをはてなブックマークに追加