このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケノンを乾燥肌に使うには保湿は大切です

ケノンを乾燥肌に使うには保湿は大切です

 

ケノンのようなフラッシュ脱毛器では、その特徴として注意すべきポイントがあります。それは乾燥したお肌にフラッシュ照射をしないことです。乾燥したお肌に、ケノンを使えばいろいろな問題も起きてきます。例えば、乾燥肌がひどいときにケノンでフラッシュ照射したとしても、脱毛効果は十分得られません。ですから、脱毛前後の保湿は当たり前ですし日常的に保湿を怠らないことが理想です。

 

皮膚に潤いが十分ないような場合は、ケノンの光を毛穴の奥のほうまで届けにくくなってしまいます。つまり、効果も落ちてしまうのです。さらに、痛みの面で考えても強く感じやすくなります。もともとケノンは痛くない脱毛器なので、痛みが少し強くなった程度では痛いとすら感じることはないかもしれません。しかし、敏感肌の人ではこの少しの強さだけでもきついと感じるかもしれないので、痛みはないほうがいいですよね。乾燥による敏感肌の状態では刺激にも敏感になっていることを覚えておきましょう。

 

また、ケノンのフラッシュ照射後なんですが、お肌の乾燥が起きます。これはフラッシュ脱毛の特徴であり必ず肌水分が奪われます。ですから、もともと乾燥肌の状態だとさらに乾燥してしまい痒みを発症するケースもあります。フラッシュ脱毛器によるヒリヒリ感や痒みは照射レベルが高すぎだけが原因というわけではなくて、乾燥肌が原因で起きている場合もあるので、保湿の重要性を理解しましょう。

 

痒みなどの肌トラブルをすべて照射レベルのせいにしていれば、低い照射レベルしか使えなくなりますしそうなれば当然脱毛にかかる期間も長くなってしまいます。すなわち、保湿をしないことがどんどん脱毛効率を落としていってるということなんです。たいていの人は早くつるつる肌になりたいと思っているでしょう。それを日頃のお肌のケアのせいで長引かせてしまうことにもなりかねません。そうならないためにもお肌に潤いを持たせて、常にベストな肌状態をキープしておきましょう。

 

乾燥肌対策をしてケノンで脱毛したいならば公式サイトから注文しましょう。



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ケノンを乾燥肌に使うには保湿は大切です
ケノンを乾燥肌に使うには保湿は大切です




 このエントリーをはてなブックマークに追加