このエントリーをはてなブックマークに追加 

埋もれ毛ができたときの対処法

埋もれ毛ができたときの対処法

 

肌トラブルにはたくさんの種類がありますが、その中に埋もれ毛というトラブルがあります。別名「埋没毛」です。これはお肌の中に無駄毛がある状態です。お肌の中を無駄毛が伸びているのを、見て確認することができます。この症状は毛抜きの使用後に発生しやすい症状になります。毛抜きを使ったムダ毛処理では毛根ごとすっぽり抜くことになります。

 

その際、毛の再生期間が少しかかるため、毛穴周辺の皮膚の再生のほうが早くて毛穴が閉じてしまうことから起こります。毛抜きの使用は皮膚細胞のダメージが伴います。当然、皮膚細胞はダメージからお肌の修復をしようとします。毛を抜くという行為が埋もれ毛を発生させやすい行為なのです。ですから、埋もれ毛への対処法もしっかり覚えておきましょう。

 

埋もれ毛になったとしても特に痛みがあるわけでもないし、かゆみもありません。あるのは皮膚の中でムダ毛が伸びているという症状だけです。見た目で言ったら良くないですね。また、放置してもいいんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、それは他の肌トラブルになる可能性があるようなので放置はやめましょう。埋もれ毛の対処法は、角質層のピーリングまたはスクラブを使った削り取りを行いましょう。こうやってムダ毛を皮膚の外に出すような処理を行う必要があります。運が悪い場合はもしかしたら埋もれ毛が、簡単には皮膚の外に出てきてくれないこともあったりします。

 

こうした肌トラブルが起きないように毛を完全に脱毛したい人には、ケノンなどの光脱毛器での処置を勧めます。ケノンのようなフラッシュ式脱毛では、毛根細胞のたんぱく質の熱凝固で脱毛する方法がとられており、毛根細胞にダメージを加えて毛が生えなくなります。毛が生えなければ埋もれ毛が発生する心配もないですよね。ただし、ケノンの施術後に埋もれ毛が発生することはあります。

 

私が使っていたときは、ちょくちょく皮膚の中で伸びる毛を見つけました。皮膚の皮を引っ張ったりすると毛が外に出てきたので、特に問題はなかったです。私が埋もれ毛を発症した場所は、アゴと喉の間の皮膚です。アゴの裏側とでも言うのでしょうか。この部分の皮膚だけは埋もれ毛が発生しましたね。他の場所では発生しなかったので、どうやら皮膚の質的にアゴ裏に埋もれ毛が発生しやすいのかもしれません。

 

毛に被っている皮も非常に薄く、少し触ると毛が飛び出してきます。皮を擦るだけの対処法で十分でしたね。光脱毛では埋もれ毛にならないと言われているので意外な症状でした。もちろん、そのままフラッシュ照射を続ければ脱毛できるので、何ら問題はないです。毛が生えなくなり埋もれ毛にならない生活になりたいなら、ケノンで脱毛するべきですね。

 

埋もれ毛対策にはケノン↓



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


埋もれ毛ができたときの対処法
埋もれ毛ができたときの対処法




 このエントリーをはてなブックマークに追加