このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケノンで男性化型多毛症を克服しよう

ケノンで男性化型多毛症を克服しよう

 

体の毛が異常に濃くなってしまったり、本来ならば毛が生えてこないような部分に毛が生えてきてしまう病気が多毛症というものであります。多毛症では、全身に起きてくるものと、局部的に起きてくるものと、または、生まれつきであるものと後天的に起きてくるものなどがあっていろいろな症状のタイプがある無性毛型多毛症があります。

 

そして、ホルモンがアンバランスになってしまった女性に起きてくる男性化型多毛症というものもあります。生まれつきである局所的無性毛型多毛症は、青年のときの時代から体に硬い毛が生えてきたり、普通では産毛だけしか生えていないはずの部分にまで濃い毛が生えきてしまいます。後天的に起きてくる局所性無性毛型多毛症では、圧迫されたり摩擦されたり、薬品を服用したりなど、外部から刺激を受けることで発症してきますが、その多くは一時的なものになっています。

 

先天的の全身性無性毛型多毛症とは、まれに見られるくらいの珍しいものです。生まれてきたときから全身に硬い毛が生えていて、その毛の特徴は太くて黒色で、長さも数センチメートルもあるんです。後天的の全身性無性毛型多毛症とは、病気になったときの症状として起きてくるものになっています。

 

一方男性化型多毛症では、女性なのに男性ホルモンの分泌が異常に多くなってしまった場合に起きてくるものです。腕の毛とかすね毛までも濃くなってしまい、さらにヒゲまでも男性並みに濃い毛が生えてしまいます。この原因は、ホルモン分泌を行っている内分泌系が異常になることで起きてくるもので、多毛だけではなく、月経異常になったり声が男性化してしまうなどの症状がでてきます。

 

女性の場合では、妊娠したり閉経したときにホルモンバランスに大きな崩れが起きるし、思春期においてもホルモンバランスは変化してしまいます。このような時期では生理的な現象の1つに多毛になってしまうことがあるんです。この他にも、内分泌腺を担ってる副腎が先天的に異常であることによって起きてくる副腎性男性化型多毛症や、卵巣が病気であるときの症状で起きてくる卵巣性男性化型多毛症などもあります。

 

多毛症について、よく調べてみますと遺伝によるものが多くあり、肉親の中に多毛である人がいることがとても多くなっています。これらの多毛症で悩んでる人は、家庭用脱毛器のケノンで脱毛して悩みを解消するといいでしょう。

 

剛毛にも効果絶大のケノンのことなら公式サイトで確認しましょう。



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ケノンで男性化型多毛症を克服しよう
ケノンで男性化型多毛症を克服しよう




 このエントリーをはてなブックマークに追加