このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケノンとレーザー脱毛器の照射口の違い

ケノンとレーザー脱毛器の照射口の違い
ケノンとレーザー脱毛器の照射口の違い

 

脱毛でよく名前があがるレーザー脱毛器ですが、フラッシュ脱毛のケノンとは大きな違いがあります。ここではこの2つの照射口の違いを検証したいと思います。まずレーザー脱毛器の照射口なんですが、直径1センチくらいの円型になっています。それに対して、ケノンの照射口は3.7センチ×2.5センチの長方形の形になっています。この2つの面積を比較したら全然違うことは一目瞭然ですよね。レーザー脱毛器の照射面積は小さすぎですよね。

 

こんなに狭い面積ではあごの部分の脱毛だけでも、500発以上は照射しなければいけなくなります。しかし、ケノンであごの脱毛をするなら40発もあれば、十分できてしまいます。照射回数が一桁違いますね。10倍以上の差が出てくるということなんです。この差は大きいですよね。500回も照射ボタンを押すことを想像してみてください。ボタンを押すだけでも大変すぎて続けられないと思いませんか?しかも、レーザー脱毛の痛みは強烈です。

 

レーザーの脱毛力はフラッシュ脱毛よりも強いのですが、強烈な痛みを500回以上も我慢なんて普通の人にはできませんよね。ですが、ケノンだったら照射の痛みもほとんど感じることもないくらい微弱なものなので、快適に脱毛できます。しかも、照射回数が10分の1なんですから苦労の度合いが全然違いますよね。レーザー脱毛の売りは脱毛力の強さという1点だけですね。脱毛力の強さは無毛になるまでの期間を短くさせます。

 

このことは一見魅力的なようにも感じますが、勘違いしないように気をつけましょう。この短い期間で終わらせる条件として、強烈な激痛に耐えられる人であることが絶対条件になっています。だから、レーザーの痛みを甘くみないようにしてください。ほんと耐えられないような痛みなので、忘れないようにしっかり覚えておきましょう。脱毛力の強さは、痛みの強さに比例すると考えてください。

 

ケノンでも照射出力が10段階あるのですが、レベル1よりもレベル10のが痛いです。つまり、脱毛力を上げれば痛みも強くなるんです。フラッシュ脱毛が現在の主流になっているのも、痛くない脱毛の需要の多さからだと考えられますね。

 

2つの違いを理解できてケノンにした方は公式サイトへ進んでください。



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ケノンとレーザー脱毛器の照射口の違い
ケノンとレーザー脱毛器の照射口の違い




 このエントリーをはてなブックマークに追加