このエントリーをはてなブックマークに追加 

ケノンを2度打ち

ケノンを2度打ち

 

ケノンで脱毛していると2度打ちをやりたくなりますね。なぜなら、2度打ちは効果がアップするからです。しかし、良いことばかりではありません。なぜなら、2度打ちすれば当然お肌へのダメージもアップします。ですから、なかなか簡単には脱毛できないということですね。2度打ちはほどほどに控えましょう。どうしても、退治したい頑固な無駄毛があったときの禁じ手として使いましょう。

 

照射レベル10を何回も当てれば基本的には、どんな毛だって最後は脱毛できます。要は回数を重ねることです。日にちをかけることが、脱毛の基本となります。基本通りに脱毛することが理想ですが、長期間待ってられない人もいるでしょう。そんな人のためのケノン2度打ちですね。決しておすすめできることではないのですが、やっている人もいるので一応書いています。メーカー推奨の使い方ではないため、自己責任で行うことにもなります。言ってみれば裏技ですね。

 

せっかちな人がやる方法だと思っておきましょう。時間がある人は、のんびり進めていってください。それがお肌のためです。ケノンの2度打ちは良くないと言っても、ケノンを使っている人ならわかると思うのですが、照射した場所に重なって次の照射をしてしまうことはよくあります。前の照射をしたところに目印があるわけではないので、わからずに重ね打ちしてしまいますよね。だからと言って肌トラブルにもなっていない人が大半です。

 

重なったら直ちに肌トラブルになるような危ない商品なんて売れないですよね。つまり、ギリギリのラインまで余裕を持たせて使い方を推奨しているので、2度打ちしている人達の多くはやることができてるのです。ギリギリを攻めているのですから、その効果も高いのは当然ですよね。2度打ち以外にも週1ペースというやり方をしている人もいます。これも禁じ手の1つですね。照射回数を多くすれば、効果が上がるのは当然です。しかし、それには当然リスクもあります。安全を考えて使い方の推奨例を記載しているので、2度打ちは控えめに使用する程度にしておきましょう。

 

ケノン使用方法の確認はこちら↓



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ケノンを2度打ち
ケノンを2度打ち




 このエントリーをはてなブックマークに追加