このエントリーをはてなブックマークに追加 

Santasanフラッシュ脱毛器とケノンの比較

Santasanフラッシュ脱毛器とケノンの比較

 

Santasanフラッシュ脱毛器とケノンを比較します。Santasanフラッシュ脱毛器は2017年の2月に発売されたまだ歴史の浅いフラッシュ脱毛器です。ケノンは発売後長い年数経った信頼も実績もあるフラッシュ脱毛器です。しかも度々バージョンアップしています。

 

Santasanフラッシュ脱毛器の大きな特徴を挙げるとなんと言っても、最初に目がいくのはその価格ですね。なんと9800円という信じられない金額です。ここが最大のアピールポイントなんでしょう。対するケノンは69800円です。全身脱毛を目的としたフラッシュ脱毛器です。

 

本来、本格的に脱毛したいなら、このくらいの価格になります。それがフラッシュ脱毛器でありながら、Santasanフラッシュ脱毛器は無茶苦茶安い価格設定になっています。これは明らかに簡易的な性能ですね。ケノンでも簡易フラッシュ脱毛器を売っていたときもあります。当然価格も安いのですが、脱毛効果が劣るためやはりケノンくらいの威力は必須と言えるでしょう。

 

次に照射範囲ですがSantasanフラッシュ脱毛器は約1.5cm×3cmで、ケノンは3.7cm×2.5cmです。Santasanフラッシュ脱毛器はかなり狭いですね。1照射で多く脱毛可能なケノンの面積のほうが、処理スピードが上となってきます。

 

重量はSantasanフラッシュ脱毛器は約348gで、ケノンハンドピースは120gです。Santasanフラッシュ脱毛器は本体ごと手で持って使うタイプになるため、当然重いです。よってSantasanフラッシュ脱毛器は長時間使用において手が疲れやすくなるため、ケノンのハンドピース方式のほうが有利です。Santasanフラッシュ脱毛器の低価格路線が照射部と本体を一体化させたのでしょう。ケノンは性能重視なので当然ハンドピースと本体は別です。エステ並みのフラッシュを出すには、本体が大きくなるのは当然ですよね。この点でもSantasanフラッシュ脱毛器の脱毛力に不安が出てきますね。

 

電源はSantasanフラッシュ脱毛器もケノンもコンセント式です。ここはSantasanフラッシュ脱毛器もコンセントを選択しましたね。長時間の使用やバッテリー劣化を考慮したら、充電式は明らかにデメリットになりますからね。出力段階はSantasanフラッシュ脱毛器が5段階で、ケノンが10段階です。Santasanフラッシュ脱毛器のほうが少ないですね。

 

生産国なんですがSantasanフラッシュ脱毛器は日本メーカーなんですが工場は中国になります。ケノンは日本メーカーであり工場も日本になります。中国産のSantasanフラッシュ脱毛器は、どうしても信頼性が劣りますね。超低価格路線にするには中国産にするしかなかったのでしょう。安心したい人はケノンになりますね。

 

照射間隔はSantasanフラッシュ脱毛器もケノンも2週サイクルです。最大照射回数はSantasanフラッシュ脱毛器は10万回です。ケノンのラージカートリッジは20万回です。Santasanフラッシュ脱毛器は打てる回数も少ないので、コスパも悪いです。単純に本体価格の安さにつられてしまうと、割高になってしまうのでよく考えましょう。

 

これらの比較結果を見ると体毛が少し薄くなる程度で満足できるなら、本体が安いSantasanフラッシュ脱毛器が良いかもしれません。しかし、つるつるを目指すならケノンが絶対良いでしょう。正直言って体毛はしぶとく生えてきます。だから、脱毛器のスペックは高ければ高いほうが良いでしょう。

 

つるつるを望む人はケノンをご覧ください↓



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


Santasanフラッシュ脱毛器とケノンの比較
Santasanフラッシュ脱毛器とケノンの比較




 このエントリーをはてなブックマークに追加