このエントリーをはてなブックマークに追加 

エピグレパパインソープとケノンの比較

エピグレパパインソープとケノンの比較

 

エピグレパパインソープは抑毛石鹸で、ヤフーショッピングでも人気になってますね。その使い方は泡立ててから体を洗うだけという、すごくシンプルです。毎日普通のせっけんで体を洗っているでしょうから、それをエピグレパパインソープに変えるだけでいいんです。このエピグレパパインソープとケノンを比較していきます。まず値段ですがエピグレパパインソープは1944円で、ケノンは69800円です。

 

ケノンは光脱毛器ですから石鹸1個と比較したら、全然金額が違いますよね。ただ脱毛器はずっと使えますが、石鹸はすぐに全部無くなってしない追加購入が必要になります。つまり、値段の比較をするならずっと購入を続けたときの金額とケノンの値段を比較するべきですね。では、エピグレパパインソープを月に1個使うとして、これを50年定期購入したと考えましょう。1個1944円×12ヶ月=23328円です。これを50年ですから23328円×50年=1166400円です。なんと百万を越える費用になってしまいます。明らかにケノンのほうが安いんです。

 

しかも、ケノンは脱毛できるため、毛も生えてきません。ですが、エピグレパパインソープは抑毛せっけんなので、毛が生えるのを抑えているだけです。つまり、使うのをやめればまた伸びます。ずっとツルツルを維持するなら、エピグレパパインソープを使い続けなければいけません。効果のほうはエピグレパパインソープは毎日石鹸で体を洗うことで、1ヶ月後にはツルツルになるようです。即効性がないところが除毛クリームとの違いですね。同じくケノンも即効性はなく、繰り返し使うことで効果を発現します。

 

ただし、ケノンは毛根を少しずつ壊していくので、毛の再生能力がなくなっていきます。つまり、いずれ完全に再生しなくなるということです。これがエピグレパパインソープとの大きな違いですね。脱毛と抑毛の違いということです。費用も安く毛の生えないなら、エピグレパパインソープよりもケノンのほうが良いことばかりですね。しかし、エピグレパパインソープの良いところも考えてみたいと思います。

 

エピグレパパインソープはやはり普段の体を洗う生活そのままの状態で使えるのが魅力ですね。ケノンだと光を当てる作業があります。このかかる手間の部分では、エピグレパパインソープのほうが良いですね。ただケノンの施術は2週間隔なので、たまに作業するだけです。それほどの負担ではないですね。あとはエピグレパパインソープは1ヶ月というゆっくりペースで、抑毛するのでお肌に無理はかけないですね。ケノンもお肌に優しいので、この点はケノンも良いですね。エピグレパパインソープは抑毛石鹸であることがかなりの魅力だとは思いますが、やはり長期の合計金額が高すぎるのはきついところですね。やはり、まずはケノンを使うのが順番として良い選択ですね。

 

エピグレパパインソープではなくケノンが良い人はこちら↓



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


エピグレパパインソープとケノンの比較
エピグレパパインソープとケノンの比較




 このエントリーをはてなブックマークに追加