このエントリーをはてなブックマークに追加 

ジジスローグローとケノンの比較

ジジスローグローとケノンの比較

 

ジジスローグローとケノンを比較していきます。ジジスローグローは抑毛ローションです。除毛、脱毛後に使うと好ましいものですね。しかし、コスト面が悪いのでリピートしにくい商品ですね。ケノンは光脱毛器です。値段はジジスローグローが1480円で、ケノンが69800円です。脱毛と抑毛では効果も違うし、ジジスローグローだけでお手入れしていてはダメですね。1480円と言っても1本236mlの値段です。無くなればまた買うことになります。月1で1本消費で計算します。1480円×12本で17760円です。1年分がこれですね。10年ならこの10倍で177600円です。

 

除毛器や脱毛器じゃないのに、これはコストがかかりすぎです。ケノンを買ったほうが、確実に結果が出ますね。しかも、ジジスローグローが毛を溶かすことも抜くこともありません。そうなると別に薬剤か機器が必要です。ケノン使用後にジジスローグローを使うといった使い方になりそうですね。ジジスローグロー単体では、ほとんどムダ毛処理には使えないでしょう。抑毛ローションという特性上、ケノンで脱毛後に使うのが正しい使い方ですね。

 

もともとはアメリカのエステサロンにおいてエステティシャンによって、除毛後の肌ケア用として使用していて人気に火がついたという、話題の抑毛ローションなんだそうです。その成分を見ると、パパイヤから抽出したという天然酵素「パパイン」が配合されています。このパパインが毛穴に染み込んで、ムダ毛の栄養分のタンパク質に効果を与えます。そして、徐々にですがスベスベ肌となり目立たなくなるのです。天然成分使用で肌にも優しく、継続使用で古い角質、黒ずみをケアすることにも期待が持てます。

 

つまり、エステサロンで使われてるときと同様に、自分で使うときも何かしら先に除毛が必要ですね。ですから、ジジスローグローかケノンのどちらか一方を選ぶものではないですね。ケノンや除毛クリームを使った後に、ジジスローグローでサポートするためのものですね。ただし、ジジスローグローのコスト面の悪さだけは、覚悟しておきましょう。上で計算した通りかなりコスパが悪いです。ですから、私ならケノンで脱毛して抑毛ローションは無しにします。保湿は市販の化粧水ですね。

 

ジジスローグローではなくケノンならこちら↓



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


ジジスローグローとケノンの比較
ジジスローグローとケノンの比較




 このエントリーをはてなブックマークに追加