このエントリーをはてなブックマークに追加 

スリンキータッチ除毛ミルクとケノンの比較

スリンキータッチ除毛ミルクとケノンの比較

 

スリンキータッチ除毛ミルクとケノンを比較していきます。スリンキータッチ除毛ミルクは、リベルタによって作られた除毛剤です。ケノンはエムロックの光脱毛器で互いの費用や効果を比べていきます。スリンキータッチ除毛ミルクはチューブ方式の除毛ミルクですね。製造国はスリンキータッチ除毛ミルクもケノンも日本製です。内容量はスリンキータッチ除毛ミルクが110mlになります。ケノンは光を出すだけなので、内容量は関係ありません。カートリッジ最大使用回数は20万発です。

 

スリンキータッチ除毛ミルクの使い方は、1mmくらいの厚さに塗って、待ち時間は5−10分です。値段はスリンキータッチ除毛ミルクが999円で、ケノンが69800円です。スリンキータッチ除毛ミルクが安く思えますが、除毛ミルク1個の価格なので注意です。除毛ミルクは効果維持のために、これから先ずっと買う必要アリです。ですから、自分の残りの人生の年数を考えて計算するべきです。

 

スリンキータッチ除毛ミルクを月1個ペースで消耗するとして、年間消費金額は999円×12カ月ですから11988円です。残りの人生50年としたら11980円×50年ですから599400円です。1個の価格を見てると安く感じましたが、残りの人生を考えるとかなり高い合計金額ですね。継続使用が基本の除毛ミルクでは、避けられない問題ですね。ケノンは毛乳頭から無くしてくので、使用年数が長くなると生えなくなります。この差は重要ポイントですね。

 

人生の中で除毛に費やす時間はかなりもったいないです。この時間を無しにすることができる、「ケノン」はかなり有意義な時間を過ごすことができます。このように効果の面でも除毛ミルクでは、少々魅力に欠けるように思います。スリンキータッチ除毛ミルクは使用後は、保湿ケア用にスリンキータッチボディミルクを使ったほうがいいようですね。この価格も加えたら、かなりしんどいですね。スリンキータッチボディミルクも同じ価格なので、さらに倍の費用になると思われます。消費スピードが除毛ミルクほどじゃないのかもしれませんが、きつい出費であることには変わりません。やはりケノンがいいですね。

 

スリンキータッチ除毛ミルクではなくケノンならこちら↓



脱毛器ケノン


人気沸騰中!!


スリンキータッチ除毛ミルクとケノンの比較
スリンキータッチ除毛ミルクとケノンの比較




 このエントリーをはてなブックマークに追加